「外国人おもてなし語学ボランティア」フォーラム 開催
日 時 平成29年11月26日(日)
会 場 ベルサール秋葉原 地下1階ホール
講 師 トンクス・バジル先生(株式会社エドベック 代表取締役社長)
テーマ 「海外から見える日本のおもてなし」
東京都主催
「外国人おもてなし語学ボランティア」フォローアップセミナー 開催レポート
photo_01.jpg 東京都「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座を受講した語学ボランティア登録者を対象としたフォローアップセミナーが開催されました。
 当協会 理事 トンクスバジル先生による講演「海外から見える日本のおもてなし」は満席となり大好評でした。
トンクス先生の超個人的
「外国人から見た日本のおもてなしTOP10」
1. YOU! 6. Punctual
2. Unique 7. Reasonable
3. Polite 8. Delicious
4. Reliable 9. Clean
5. Seasonal 10. Safe
photo_02.jpg 外国人から見た日本には良いところが沢山あるのですね! 国籍や文化が違っても共通点は見つけられるはず。難しく考えず、自らの経験から相手の心をよんで、役立ちそうなアドヴァイスをすることが、心に届くおもてなしとなる。AIや機械ではなく「」でなくては対応できないことがたくさんある。あなたが経験から学んだことをぜひボランティア活動に活かしてください! トンクス先生のメッセージに参加された皆様は大きくうなずいていらっしゃいました。続いて受講者によるボランティア体験談が2例発表されました。
 同じ会場の1階イベントスペースでは「東京多文化フェスTokyo Multicultural Fes. 国際交流・多文化ふれあいイベント」が開催されており、小池百合子都知事の視察、タレントのLiLiCoさんトークショー、世界各地の民族音楽や舞踊、フードコート出店など、賑やかな祭典が繰り広げられました。
東京多文化フェス公式サイトhttp://www.tabunka-fes.tokyo
 小池百合子都知事のメッセージ 
photo_03.jpg東京多文化フェスは、東京で暮らす外国人と日本人が、お互いの文化について理解を深めることにより、ともに活躍できる「多文化共生社会」の実現を目指したものです。
東京都在住の外国人は50万人を超え、国籍は184カ国に及びます。東京2020大会をきっかけとして、世界をリードするグローバルシティ東京として、都の政策の柱の一つである「ダイバーシティ」の実現に向けて「老若男女、来日される外国の皆様みんなが輝く東京」を目指し、ことばや制度だけでなく「心のバリアフリー」を進めていきたいと思います。
ウインドウを閉じる